(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

第3回巡検報告

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 20:26:06
 10月13日(土)に、宮崎応用地質研究会の第三回巡検がありました。
 巡検をした箇所の写真を巡検した順に1枚ずつアップします。
 まずは、名貫川下流県道302号から150m上流側のポイントです。
 150万年前(更新世)の軟質な地層中にある硬いコンクルーション(ノジュール)です。水流によって境界部が浸食されています。

Re: 第3回巡検報告

  • タカタカ
  • 2018/10/15 (Mon) 11:41:13
本日の見学地は名貫川の河床に露出する球状砂岩でしたが、まず見えたのは、写真真ん中にある水制工でした。少し壊れているので内部が見えます。
水制工は全体的に礫の練張りで、先端部から中程までは径20~30cmの 礫の練張り、堤体に近い部分は50~60cmの大礫をアンカーで繋いであります。
水制工の下部に少し壊れた部分が見えますが、ここは鉄骨の中に栗石を詰めたものです。鉄骨の材料はトロッコの線路とのことです(O氏談)。このことから考えると、水制工の施工はかなり古く、昭和30年より前だったと考えられます。

Re: 第3回巡検報告

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 21:10:39
5番目のポイントは、宮崎市高岡町糸原の宮崎層群生目層(約400万年前)中にある餅状コンクルーションです。
完全なコンクルーションではなく、やや柔らかい石灰分濃集部ですが、中央にスナモグリの仲間の生痕化石が見られます。
 位置は、北緯31°57′11.11″、東経131°22′0.86″です。

Re: 第3回巡検報告

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 21:03:28
4番目のポイントは、国富町森永の石峯公園の森永化石群(県指定天然記念物)です。
 宮崎層群妻層(約500万年前)の石灰質砂岩です。
 破片化した貝化石が水流によって流され、一箇所に集まっています(化石床)。このような化石を異地性化石と言います。
 位置は、北緯32°0′25.95″、東経131°17′15.83″です。
 

Re: 第3回巡検報告

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 20:34:37
3番目のポイントは、新富町岩脇(いわなぎ)の貝化石床です。
宮崎層群高鍋層(約260万年前)の石灰質砂岩層中にあります。
冷湧水の周りに群生したツキガイモドキという大型の二枚貝の化石床です。貝は原型を有しており、あまり移動していないようです。
久家神社内にあります。
位置は、北緯32°4′42.63″、東経131°30′29.67″です。

Re: 第3回巡検報告

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 20:29:17
 2番目のポイントも名貫川で国道10号線から東に450m行ったポイントです。
 150万年前の宮崎層群中のノジュールです。化石化した木片の周辺にノジュールが出来ています。

第3回巡検・コンクリーションと化石床

  • Trump
  • 2018/10/14 (Sun) 11:49:15
生物は圧倒的な量で繁栄しています。日南市大島のオパキュリナ化石の時も感じましたが、生物の繁殖は想像を上回る量で繁栄するもののようです。名貫川河口付近。10号線の東側です。

台風24号の被災状況

  • S.G.
  • 2018/10/08 (Mon) 16:08:23
 台風24号の風雨によって宮崎県内では多くの斜面崩壊が発生しています。
 添付した写真は、宮崎県東諸県郡の国富町と綾町の道路沿いの斜面崩壊箇所です。
 主に岩盤上に載る第四紀層(段丘砂礫層、シラス層)が崩壊しているようですが、一部風化した宮崎層群も表層が崩壊しているようです。
 また、急斜面の崩壊、倒竹木(伐期齢の杉など)が多いのも特徴です。

Re: 台風24号の被災状況

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 19:57:14
宮崎市瓜生野の斜面崩壊箇所です。
崩土は、風化砂岩、表層土壌のようです。
位置は、北緯31°58′6.33″、東経131°23′54.86″です。

Re: 台風24号の被災状況

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 19:55:58
宮崎市瓜生野の斜面崩壊箇所です。
崩土は、風化砂岩、表層土壌のようです。
位置は、北緯32°58′8.94″、東経131°23′52.36″です。

Re: 台風24号の被災状況

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 19:51:14
 国富町深年の斜面崩壊箇所です。
 崩土は、風化砂岩、表層土壌のようです。
 位置は、北緯32°1′0.06″、東経131°18′53.07″です。
 

Re: 台風24号の被災状況

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 19:48:56
 国富町八代南俣の崩壊箇所です。
 崩土は主に段丘砂礫層でした。
 位置は、北緯32°1′34.63″、東経131°18′43.37″です。

Re: 台風24号の被災状況

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 19:44:12
 国富町三名の斜面崩壊箇所です。
 崩土は、段丘砂礫層、風化砂岩、表層土状が主体のようでした。
 位置は、北緯32°0′4.63″、東経131°21′6.34″です。

Re: 台風24号の被災状況

  • S.G.
  • 2018/10/13 (Sat) 19:39:43
 台風24号の被災状況の個別写真を載せます。
 綾町北俣の斜面崩壊箇所です。
 崩土はシラス、段丘礫、表層土状が主体でした。
 位置は、北緯32°1′35.63″、東経131°13′10.34″です。

Re: 台風24号の被災状況

  • S.G.
  • 2018/10/09 (Tue) 22:38:19
 今回の台風24号の暴風雨による斜面崩壊の特徴は、倒木が多いことだと言えそうです。
 添付写真のように土砂の崩壊量は少ないのに倒木がかなり多い崩壊が目立ちます。
 ただ、田畑や道路を損なう土砂(第四紀層や風化土)の崩壊も結構発生しているようです。このため、山間や丘陵地の中小道路は通行止めになっている箇所が多いです。
 時間は短かったのですが、添付写真のような浸水被害も発生しています。

Re: 台風24号の被災状況

  • タカタカ
  • 2018/10/09 (Tue) 09:46:44
崩壊事例のアップ、ありがとうございます。
宮崎層群とその上に載るシラス、段丘堆積物の崩壊も多いようですね。それから倒木も災害を大きくしているように見えますが、いかがでしょうか?

海岸浸食

  • Trump
  • 2018/10/11 (Thu) 14:50:55
海岸浸食が進行しています。沿岸流は北から南が卓越しています。

第3回巡検のご案内

  • だれとランかい?
  • 2018/10/09 (Tue) 20:11:45
第3回巡検を添付JPGのように企画しました。参加希望者は、役員までご連絡願います。

台風24号関連_大淀川

  • だれとランかい?
  • 2018/10/09 (Tue) 18:53:43
大淀川河口付近では、上流からの多量の流木が高水敷に残留しています。後片付けが追いついていません。
撮影:10月7日

高千穂峰に登りました

  • タカタカ
  • 2018/10/09 (Tue) 09:35:36
3年ぶりに高千穂峰に登りましたが、先週、先々週の二度の台風のため、倒木が沢山見られました。
写真は御鉢手前の斜面です。
3年前に登ったとき、この斜面は新燃岳からの噴火物で白色だったのですが、今、新燃岳の噴火物は全て流され、元の赤色溶岩の斜面にもどっています。

台風24号通過

  • タカタカ
  • 2018/09/30 (Sun) 14:57:28
来るのか、来ないのか、ゆっくり台風にはハラハラドキドキさせられました。雨も上がり、風も弱くなったので、衛星画像をみると、台風は宮崎を離れ始めたようです。
次は、四国、紀伊半島、東海、関東と油断は出来ないです。

硫黄山近況

  • Trump
  • 2018/09/25 (Tue) 15:23:47
1号、2号、3号火口湖は小さくなって健在。道路脇の噴気孔からお湯が吹き出しています。4号火口湖と命名しました。

Re: 硫黄山近況

  • Trump
  • 2018/09/25 (Tue) 15:26:37
沈殿池は満水です。

Re: 硫黄山近況

  • Trump
  • 2018/09/25 (Tue) 15:25:30
4号火口湖。

斜面の帯水層が液状化。

  • Trump
  • 2018/09/09 (Sun) 09:47:57
西山会員は北海道で地震に遭遇。災害スキルを蓄積しています。厚真町の斜面では帯水層の液状化が発生しています。

Aso-4の溶結凝灰岩に出来た甌穴

  • S.G.
  • 2018/09/04 (Tue) 23:10:18
 これは、高千穂町の小河川の河床の写真です。
 塊状の溶結凝灰岩の上を河川水が流れ、その流れの渦によって岩に丸みを帯びたくぼみ(甌穴)が作られています。
 よく見るとくぼみの方向と溶結凝灰岩の節理の方向が同じです。節理沿いに甌穴が生じている可能性があります。

円錐状シラス

  • S.G.
  • 2018/09/04 (Tue) 22:34:10
 これは、シラスが作りだした円錐状の突起群です。
 場所は、国富町で道路下に捨てられたシラス(乱したシラス)が雨水によって浸食されて(雨裂浸食を受けて)できた突起群と考えられます。
 乱されていない一次シラスと同じような浸食痕です。
 つまり、シラスは乱さなくても乱しても同じような浸食痕を作るようです。

宵の明星と新燃え岳の噴煙?

  • S.G.
  • 2018/08/29 (Wed) 22:07:05
 新燃岳は、火山活動がやや高まった状態が続いていますが、今夕(8月29日)、新燃岳の噴煙ではないかと考えられる夕焼け雲が西の空(霧島火山の方向)に見えました。
 宵の明星と相まって幻想的な風景でした。

高岡の落石

  • S.G.
  • 2018/08/07 (Tue) 06:57:59
 宮崎市の旧国道10号線で落石がありました。
 落石はしらすの溶結凝灰岩(灰石)で、板状の形状からトップリング崩壊による落石だと考えられます。
 ひとつ疑問なのは、崩壊前の地形が崖ではなく、中勾配の斜面であったことです。亀裂面が開口して崩れやすくなっていたのでしょうか?上方に露出している溶結凝灰岩(灰石)の亀裂はやや不規則であるようです。

Re: 高岡の落石

  • Trump
  • 2018/08/27 (Mon) 11:44:07
河床に岩盤が路頭しています。

8月中旬の硫黄山

  • S.G.
  • 2018/08/18 (Sat) 16:14:37
 8月17日の霧島連峰火山の硫黄山の写真です。
 6月上旬の巡検時には見られなかった線状に並ぶ噴気口が見られます。

Re: 8月中旬の硫黄山

  • タカタカ
  • 2018/08/20 (Mon) 10:40:20
噴気が斜めに並んでいるように見えますネ。
ただ、硫黄山の噴気場所は時々,変わっているので、継続観察が必要と思います。