「ありがとう旧相生橋」もうすぐ見納めです

  • S.G.
  • 2017/03/18 (Sat) 21:05:49
 旧相生橋の撤去作業も終盤のようです。撤去工事は、大淀川右岸(対岸)では川の中に盛土を行い、左岸(手前)は仮設鋼台を構築して行われているようです。
 向こう側に見えるのは、大淀川の上流側に架けられた現在の相生橋(平成27年2月供用開始)です。

Re: 「ありがとう旧相生橋」もうすぐ見納めです

  • S.G.
  • 2017/03/18 (Sat) 21:16:52
旧相生橋のすぐ下流にある様々な危険度ランクを記した標識です。一番下から順番に、水防団待機水位、はん濫注意水位、避難判断水位、はん濫危険水位、計画高水位です。
付近には水神様の祠もありました。大淀川の水衝部でもありますので、昔、この付近で水害が生じたのでしょうか。平成17年9月の台風14号時にはこの付近でも甚大な内水被害が生じたことは記憶に新しいところです。このように、危機管理体制が整備され、今後は水害が生じないことを祈ります。

Re: 「ありがとう旧相生橋」もうすぐ見納めです

  • S.G.
  • 2017/03/18 (Sat) 21:10:31
旧相生橋の撤去は、大淀川左岸(北詰)では河床に岩盤(宮崎層群の泥岩優勢砂岩泥岩互層;写真手前下)が露出しているため、岩盤に根入れした仮設鋼台を用いて行われているようです。
(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)